精神保健福祉士・社会福祉士【合格プロジェクト】

社会福祉士 精神保健福祉士 合格への道のり!

夏季(6,7,8月)であれば一月の国家試験本番までおよそ6ヶ月。

6ヶ月しかありません。しかし、逆に言えばあと半年間、180日もあります。

やり方次第では膨大な量の勉強が出来ます。つまり合格することができるのです。


1、モチベーションを高めて維持しよう!!

社会福祉士精神保健福祉士になりた!絶対試験に合格したい!何よりも合格証が欲しい!というモチベーションを持つ。はっきり言ってこれがないとまず落ちます。

・とくに医療機関では、資格がないと事実相手にされません。
有資格者がひしめく医療の世界において、他の専門職と対等に渡り合っていくには最低資格が必要!)

・自分の理想とする医療福祉を仕事上で生かすには資格が必要!

合格したときの自分落ちたときの自分をイメージして比較してみる・・・落ちたときの自分を想像して、やばい!惨め!と青ざめて冷や汗がツーっと出てくるくらいじゃないと落ちます。

・今回合格しないと次は無いと思ってください。・・・実際、精神保健福祉士の国家資格は現任者の為の経過措置はすでに終了して3年になります。
つまり、受験する人は強者揃いだということです。
専門学校だけでなく、全国の大学の福祉学科からどんどん受験してきます。
中には有名私立大学も入っています。ことに精神保健福祉士に関しては、当初計画されていた2万人はすでに到達しております。(執筆時点29,113人)
将来的に合格率が引き下げられる可能性があります。現在精神保健福祉士の合格率は60%(第8回:61.3%)いきなりガクンと下がることはありませんが、50%代に落ち込むことは十分に考えられます。

将来的には社会福祉士(第18回:28.0%)との均衡を保つため30%をきる事もあるでしょう。いずれにせよ、国家試験は年々確実に難しくなるということです。

精神保健福祉士・社会福祉士【合格プロジェクト】2

2、合格への鉄則
〜夏季(6,7,8月)〜

@参考書の読破!

・自分オリジナルの参考書を作ろう!(参考書の改造

・最低5回は繰り返そう!(基礎固め)

・書いちゃダメ!速読+黙読するべし!(時間の無駄遣い・人間の五感は視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚〜この中で視覚から入る情報は全体の8割

A教科書は辞書代わり!

・参考書では意味が分からない事を調べる辞書として!(索引を上手に利用する

B継続は力なり!

・2週間我慢しよう!(勉強の習慣づけ・リズム)

・継続が自身に繋がる!(試験当日の最強の味方)

精神保健福祉士・社会福祉士【合格プロジェクト】3

3、定期的に遊ぼう!

社会福祉士精神保健福祉士資格は決して楽なものではありません。かなりの広い範囲から出題されるために、ある程度の長期戦となります。休みなしに根詰めて勉強をしていくと頭が爆発します。集中力がなくなり、行き詰った状態で勉強してもはかどらないばかりか、さらに行き詰ってしまいます。
定期的に休む日を入れてあげることです。

@勉強前に仮眠を取る。

・エネルギーの充電!(集中して勉強するため)

・仮眠は20分または80分(ノンレム睡眠に入る前に起きる)

・仮眠の前にコーヒーを飲む。(仮眠後にすっきりと起きるため)

A勉強の休日を作る

・一週間に一度は気分転換を!

ちなみに僕は一日仕事が終わって帰ってきてから、1時間ほど仮眠をとってから勉強に臨んでいました。

仕事が終わって疲れているときに勉強を始めると、必ず途中眠くなってしまいます。
仮眠しないと必ず眠くなって勉強になりません!

ポイントは20分か80分!それ以上眠ると今度は夜眠れなくなってしまいます。目覚ましをセットしましょう。

精神保健福祉士・社会福祉士【合格プロジェクト】4

4、国家試験内容

@試験の方法

・筆記(マークート形式)

・5肢選択一方式

社会福祉士:出題数 全150問、総試験時間数240分(1問につき96秒:1分36秒)

精神保健福祉士:出題数 全160問 総試験時間数255分(1問につき95秒:1分35秒)


A試験科目

・共通
社会福祉原論・社会保障論・公的扶助・地域福祉論・心理学・社会学・法学・医学全般

・専門
社会福祉士:障害者福祉論・老人福祉論・児童福祉論・社会福祉援助技術論・介護概論

精神保健福祉士:精神医学・精神保健学・精神科リハビリテーション学・精神保健福祉論・精神保健福祉援助技術論


B合格条件

社会福祉士
・総得点150点に対し、得点80点以上の者(総得点の60%程度を基準

・全ての科目において得点があった者

精神保健福祉士
・総得点160点に対し、得点82点以上の者(総得点の60%程度を基準

・全ての科目において得点があった者

精神保健福祉士・社会福祉士【合格プロジェクト】5

5、勉強方法

@まんべんなく勉強すること

共通科目:取っ付きにくく難解な科目だが、あきらめずに・辛抱すること。最終的には8割の得点を目指す!

※共通科目では、社会学・心理学・法学など難解な科目が多いですが、分からないところはいつまでも時間をかけず、完全に理解をしようとしないこと!

専門科目:決して簡単ではありませんが、範囲がある程度限定されているために、取り組みやすい科目といえるでしょう。最終的に9割の得点を目指す!

※甘く見ないで!範囲が限定されているために、深いところまで追求してくる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。